藤迫 智
Fujisako Satoru
業務統括
2021年
中途入社

― 現在の仕事内容を教えてください。

運営全般において内部統制を行なっております。
経営と運営を適切に分離そして再融合させ、第15期に突入したエンヴィジョンが次に打つ手を効果的に運用できる体制構築を行なっております。

― ENVISIONに入社したきっかけは何だったのでしょう?

ある日、ヘッドハンターの方からご連絡あり、平岡さんとすぐにお会いする機会に恵まれました。
多分、すぐに電話番号交換しお会いしたと記憶しております。私の場合、エンヴィジョンのことは存じておらず今考えると大変失礼だったと思います。
平岡さんと複数回お会いし、会社の方々とも接する中で、私のこれまでの経験や特性が活かせると確信しすぐに入社する運びになりました。まさにこの出会いは宿命だった気がします。
※私自身、会社経営を複数社経験しており、会社経営と運営は私の得意分野と言えます。
また、私はある会社の代表も継続しておりますが、その点に対して平岡さんは全く意に解さない回答で「全く問題ありません」との一言でした。それもひとつの大きなきっかけでした。

― ENVISIONの魅力や仕事のやりがいは何ですか?

良い意味でも悪い意味でも成長過程にあるということです。
完成形はそもそもどの会社にも存在しませんが、エンヴィジョンはその中でも特殊で会社自体はビリヤード用品の製造と販売というニッチな環境にありながら、お客様は全世界に存在しています。
そういった経緯から、マーケティングの仕組自体が特殊性があったことが幸いし、これまで組織構築にそう重きを置かなくとも、
売上/利益と会社経営は順風満帆に行っています。
しかし、第2創業期をスタートした今、もっとアグレッシブに次のチャレンジへ帆を揚げなくては風は掴めません。
そのためには、受け皿としての内部システム(人事/採用/評価/業務/ROA(財務)の合理的運用)の構築と統制は喫緊の命題です。私はエンヴィジョンへ入社時、平岡さんへお伝えしました。
「すぐに売上は倍になります。それは予感です。それはそうと楽しいことへチャレンジしましょう!」と。
いつもワクワクしながらエンヴィジョンの仲間とお仕事しています。

― これから挑戦していきたいことを教えて下さい。

エンヴィジョンは、これから第2創業期を迎えていますが、私たちが漕ぎ出す世界は、まさに変化をやめない大海原です。
その大海原へ、帆をあげ風を受け力強く航海していきます。
私の役目は、早く内部統制の道筋を示し運用し、これまでのPL重視経営から、BS(M/A・NB創設)重視経営へ舵をとるべくROA強化へ動きます。
社会的価値(活動自体が優位性があり、また社会通念場善いことで成長する可能性を秘めている)が高い会社でも、会社経営が様々な理由でうまく行っていない会社さんもあると思います。
そういった会社さんを少しずつ世界から見つけ出し、私たちと、幸せの大きなプラットフォーム(樹木)を一緒に創っていけたらと思います。

エピソード一覧へ戻る