新述 良
Niinobe Ryo
営業部
2018年
中途入社

― 現在の仕事内容を教えてください。

国内営業と購買がメインです。入社してすぐは海外営業をしておりましたが、お客様との接点を増やすため国内営業を任せていただいております。

前職が購買職だったこともあり、購買としての仕事もさせていただいております。前職の購買と多少異なるところもあり、戸惑うことが多いですが、在庫欠品が起きないように気をつけてサプライヤさんとの調整を行なっています。

― ENVISIONに入社したきっかけは何だったのでしょう?

ビリヤードは元々遊びでしてはいましたが、地元・広島にビリヤード関連で世界シェアの高い会社(エンヴィジョン)があることを知りませんでした。

前職は自動車のエンジン部品の製造メーカーで購買職をしていました。「これから定年までずっとまだ何年も同じことをして行くのか」と自身の将来を考えたとき、「他の職種も経験してみたい」と転職を決め、転職活動をし、内定をもらったうちの一つがエンヴィジョンでした。

入社の決め手になったきっかけは二つあります。
一つは面接の時の平岡さんの印象です。「この人、相当頭切れるな」「こんな人の下で仕事したら面白いことがありそう」と感じました。「絶対幸せにしますから、ついてきてください!」と言われたのを覚えています。
もう一つは、前職の退職日の延期が続いたんですが、その都度入社日の調整のお願いをした時「きて(入社)してくれるならいつまででも待ちます!」と人事の金田さんに言われて「必要とされている」と感じたことです。

Niinobe Ryo

― ENVISIONの魅力や仕事のやりがいは何ですか?

個人的にはエンヴィジョンの魅力は3つあると思っています。
一つ目は、古典的な上意下達ではなく、下(部下)から上(上司)への情報開示や横(超部署間)の情報共有が盛んでとても風通しが良いことです。
二つ目は、ディアドバンテージをアドバンテージにする社風です。私は色弱(色の判別が弱い)というコンプレックスがあったのですが、そのディスアドバンテージを製品の改善に採用していただきました。
三つ目は、チャンスを多くもらえることです。私自身、資格を多く持っているのですが、その中から防火管理者資格に目をつけていただき、会社の防火管理者に専任していただきました。せっかくとった資格を埃にまみれさすことなく活かそうとしてくれるところに魅力を感じました。

また、社内のON/OFFがはっきりしているところも良い魅力かなと思います。仕事の話で言い合ったり、叱咤激励をもらうこともありますが、世間話も多くあり、笑いもあります。

やりがいとしては、やはり営業ということもありお客様(特にエンドユーザー様)から「ありがとう」がもらえた時はやりがいを感じますね。

― これから挑戦していきたいことを教えて下さい。

営業としては1分でもお客様と接する時間を増やすためにチャレンジしていきたいと思っています。
コロナの影響でオンラインミーティングなどをきっかけに世の中はデジタル化が加速している状態です。それは良いことだとは思いますが、エンヴィジョンを応援してくださるお客様と対面でお会いする機会がかなり減りました。

デジタルも利便性が高く良いとは思いますが、ベースにはアナログがあると考えています。コロナが開けた暁には、外に出てアナログ対面でお客様と接する時間を増やしたいと思っています。「オフィスにほとんどいない」営業になりたいと考えています。

エピソード一覧へ戻る