加渡 数雄
Kato Kazuo
総務部
2020年
中途入社

― 現在の仕事内容を教えてください。

総務及び管理面における社長代行、2つの委員会のアドバイザーとなっています。

― ENVISIONに入社したきっかけは何だったのでしょう?

頭初(株)エンヴィジョンの社名を知ったのは、移転前にあった会社の前をほぼ毎日ウォーキングしていた時に、社名だけはネームプレートがある事から分かりましたが、この会社は一体何を商売としている会社かなのだろうかと思っていました。

たまたま岡山の会社を退職して、広島に戻り仕事を探そうとしていた時に、ハローワークで経理募集広告を見て、年齢が68歳にも関わらず、39歳以下の求人だったのですが、ダメ元で厚かましいのですが、本来のチャレンジ精神丸出しで、会社に電話をいれる事にしました。

面談後に入社試験となり、50年ぶりの英語にはギブアップ、しかも早くて正確性を求められるテストには入社は無理と思っていました。タイミングとしてIPOを目指しておられる会社からのスカウトがあり、こちらに行こうか否かの迷っている時に、会社から採用の連絡を頂き、自宅から近く、しかも財務内容、収益力抜群の会社がどのようにして運営できているのかを知る事ができる事となりました。

過去に会社再生、株式公開、会社譲渡を含めた事業統合、M&A、会社整理と会社法関係や経理・財務、総務、法務、管理を中心とした知恵や知識において、過去の経験活かしていただけるし、交渉力においては緻密で大胆なアクションは他の社員さんの参考になると思い入社させて頂きました。

スタッフエピソード 加渡 数雄

― ENVISIONの魅力や仕事のやりがいは何ですか?

(株)エンヴィジョンで7社目の入社となり、先ず驚いたのは社長のスキルの高さです。これは大きな魅力である事は言うまでもありません。そしてスタッフが若く、各々のスキルが高い事にはまたまた驚かされました。

大会社におけるJ-SOX、いわゆる内部統制報告制度ですが、制度そのものは完全ではないものの、高いレベルで構築されている事には更に驚かされました。これまで在籍させていただいた会社で当社の売上高の一桁上の会社でも出来ておりせんでしたのでこれも大きな魅力の一つでした。

コンプライアンスを遵守し、更に抜群の財務力、収益力のあるビジネスモデルも会社の大きな魅力の一つです。仕事のやりがいとしては、このように素晴らしいビジネスモデルがあり、超優秀な社長やレベルの高い社員ばかりの会社で(株)エンヴィジョンはきっと更なる成長ができる会社になる可能性がある事に仕事のやりがいをか感じています。

― これから挑戦していきたいことを教えて下さい。

更に経営に関しての管理方法やコンプライアンス情報、ビジネスチャンス情報等の色々な情報を取得し、当社にとってそれが有益か否かをしっかり考え実行する事と思っています。

特に人財の教育にはしっかりと気配り、目配り、心配りに挑戦したいと考えています。未だ分かっていないセクションを知る事と横の連携プレイの運び方において、遠慮なく進捗させる事ではないかと思つており、厚かましく入り込み、押し込んで行く事にチャレンジしたいと思っています。

スタッフエピソード 加渡 数雄
エピソード一覧へ戻る